内職!節約副収入生活 >  株用語辞典 >  逆指値注文

逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)

逆指値注文の意味(株用語辞典)

逆指値とは、株価が売買注文時から、指定の株価まで下落したら売り、 または、指定の株価まで上昇したら買いとする注文形態のこと。 通常の指値注文と反対の形式であるためこう呼ばれる。

活用方法としては、ボックス相場などを抜けたら買うといった注文や、 ある値段以下になったら売るといった注文が考えられる。自分の指定した価格以上(以下)になると、 自動的に相場の動きに反応して、買い注文(売り注文)を出すので機械的に対応できる。

(便利なのは間違いないです。)