内職!節約副収入生活 >  株用語辞典 >  ローソク足

ローソク足(ろうそくあし)

ローソク足の意味(株用語辞典)

ローソク足とは、株価の動きをグラフ化した罫線の一種。

陰陽線とも呼ばれ、一定期間の始値・高値・安値・終値の4つの値段を表したチャートのこと。始値より終値の方が高い場合は陽線と呼び、中を白く描く。逆に始値より終値の方が安い場合は陰線と呼んで、中を黒く描く。

ローソク足のうち、日々の動きを対象とするものは日足(ひあし)と呼び、週単位なら週足(しゅうあし)、月単位なら月足(つきあし)と呼ぶ。

(日本が誇る日本生まれのものです!)