内職!節約副収入生活 >  体験談&コラム >  治験(製薬ボランティア)体験談

治験(製薬ボランティア)体験談

管理人が実際に入院して、薬の実験台になってきました!

早速、治験(製薬ボランティア)に行って、約10万円GETしてきました。 まだまだ広く知られていないと思うので詳しくレポートします。参考になれば幸いです。

1、まずは登録 (治験・製薬ボランティア)

治験(製薬ボランティア)はアルバイト情報誌などにはあまり載っていないので あまり知られていませんが、広く一般に募集されています。

当サイト管理人が登録したのはアンケート・モニターで稼ぐ で紹介しているボランティアバンクと株式会社総合健康開発研究所です。 (詳しい説明はアンケート・モニターで稼ぐ のページにゆずります。)

2、好きな条件&日程に応募 (治験・製薬ボランティア)

ボランティアバンクや 株式会社総合健康開発研究所に登録していると、 例えば、「【モニター情報】 VOB会員様へ ★新着情報のご案内★」 といったメールが届きます。

メールには日程やボランティア協力金の金額などの詳細が書かれています。

条件をよく読み、良いと思ったものに応募します。

そう簡単においしくて自分の都合に合う治験(製薬ボランティア)はないと思っていましたが、 気長に待っていれば、あります!!というか、治験(製薬ボランティア)自体が人手が不足しがちなので、条件はいいです。

ちなみに、管理人は3泊4日×2回で約10万円のものを選びました。

3、予備検査 (治験・製薬ボランティア)

早速、事前検診に行ってきました。血液検査、身長、体重、血圧、体温、心電図をとります(場合によって違います。)。楽勝です。

これだけで、交通費として3000円が支給されました(場合によって違います。)。

4、(再検査)予備検査 (治験・製薬ボランティア)

予備検査の結果がイマイチな場合再検査があることがあります。

ショックなことに、私は血液中の○○値(←自粛)がちょっと高いといわれて、 再検査に行ってきました。再検査は血液だけだったので、1分ぐらいで終わりました。

これだけで、交通費として1000円が支給されました。

5、第一回目入院 (治験・製薬ボランティア)

入院前の説明に「退屈だから退屈しのぎの道具持ってきてください」 と書いてあったので、事前に本を買い込んで病院に向かいました。

病院内には、テレビ、雑誌、漫画、トランプなど、退屈をまぎらわせるものもおいてあります。管理人は、 買い込んだ本(スタイルシート辞典など)と病院内にある漫画本を見て過ごしました。 治験に参加している人の中には、ノートパソコンをやっている人、勉強している人、寝ている人、友達と遊んでいる人と様々でした。

数時間おきの血液検査以外は全て自由時間なのでとにかく時間があります。

自分の好きなことをして、お金がもらえて、世の中の役に立つ・・・こんな条件はめったにないなあと思いました。

食事は肉料理と魚料理が同時に来るような、かなりしっかりしたものが用意されました。 まあ、血を抜くし、与えられたものしか食べられないので当然かもしれません。 ただ、薄味で、味覚の色彩があまりないのが残念でした。(子供が好きなような甘いものが食べたいのです・・・笑)

そうこうしているうちに一回目の入院は終わりです。(ホームページのしくみとスタイルシートというものが少しわかった入院でした。)

6、第二回目入院 (治験・製薬ボランティア)

第一回目入院に味をしめたので、今度は株に関する本を持ち込みました。

慣れの成果は大きいもので、ちょっとユウウツだった血液検査が流れ作業に感じました。

ただ、慣れすぎたせいで、時間のたつのが早い!第一回目の入院ではホームページ作りの勉強がかなりはかどったのですが、今回はさぼりがちになってしまいました。

一番衝撃の事実だったのは、食事の順番と内容が全く同じということです。 同一性検査をしているのでよく考えれば当然のことですが・・・。

なにはともあれ、無事、治験(医療ボランティア)はこれで終了です。その場でお金をもらって帰ることになります。

何事も経験してみるものだと思いました。 このお金で卒業旅行にいけました(感謝!)。